ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる 猫 小中型犬向き CRアスコルベイト 旧SGJプロダクツ 商品 アスコルベイト Mサイズ 120g 犬 sgj 旧ソリッドゴールド サプリメント ビタミン 猫用 777円 ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き) CRアスコルベイト 【旧SGJプロダクツ】 アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」 ペット・ペットグッズ 犬用品 ドッグフード・サプリメント サプリメント 777円 ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き) CRアスコルベイト 【旧SGJプロダクツ】 アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」 ペット・ペットグッズ 犬用品 ドッグフード・サプリメント サプリメント ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる 猫 小中型犬向き CRアスコルベイト 旧SGJプロダクツ 商品 アスコルベイト Mサイズ 120g 犬 sgj 旧ソリッドゴールド サプリメント ビタミン 猫用 777円,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ドッグフード・サプリメント , サプリメント,ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き),/hemodromograph341359.html,whoisnikita.com,アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」,【旧SGJプロダクツ】,CRアスコルベイト 777円,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ドッグフード・サプリメント , サプリメント,ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き),/hemodromograph341359.html,whoisnikita.com,アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」,【旧SGJプロダクツ】,CRアスコルベイト

低価格 ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる 猫 小中型犬向き CRアスコルベイト 旧SGJプロダクツ 商品 アスコルベイト Mサイズ 120g 犬 sgj 旧ソリッドゴールド サプリメント ビタミン 猫用

ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き) CRアスコルベイト 【旧SGJプロダクツ】 アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」

777円

ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き) CRアスコルベイト 【旧SGJプロダクツ】 アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」



アスコルベイト+はさわやかな柑橘類の味で、そのままフードにふりかけて与えるのによい粉状になっています。体重22.5kg未満の犬猫に与えてください。白い毛色のプードルやウエスティのオーナーたちは、ビタミンCを食事に加えて与えることが多いものです。アスコルベイト+はナトリウムを含んでいません。
原材料
ブドウ糖水化物、アスコルビン酸(ビタミンC)、天然香料(柑橘類)

成分
粗タンパク質 1%以上
粗脂肪 2%以上
粗繊維 26%以下
水分 5%以下
ビタミンC 258mg
カルシウム 72mg

一日量
体重4.5kgまで ティースプーン1/4杯
   11.5kgまで ティースプーン1/2杯
   22.5kgまで ティースプーン 1杯

使用方法
一日量をできれば2回以上に分け、そのまま、またはフードにまぜて与えます。

内容量
120g

サイズ展開
・Mサイズ
・Lサイズ


「ソリッドゴールドジャパン」は「SGJプロダクツ」に社名が変更となりました。



-ビタミンCはとても大事です-

 ビタミンCは、私たちに一番始めに馴染んだビタミンではなかったでしょうか。
 その後、栄養学が日進月歩で進んで、各種ビタミンの他にミネラルというものや、酵素など、栄養素の幅が広がっていきました。

 しかし、勉強をすればするほど、この「ビタミンC」がいかに大事か逆にわかってきました。「原点回帰」とでも言いましょうか、「初心忘るべからず」とでも言いましょうか、今回は「ビタミンC」について考えていきます。

 ご存じの通り、それだけ身体にとって大事なビタミンですから、多くの動物はこのビタミンを体内で作ることができます。
 ライオンも牛も馬も、一日にビタミンCを数十グラムも体内で作りますし、チンパンジーやゴリラは、ジャングルで果物を大量に食べて、一日10g以上摂取しているという話しです。

 しかし、人間、霊長類、モルモットはビタミンCを合成することができません。
 これは人やサルなどは、手を使って果物を取れたので、進化の過程でビタミンCを作る遺伝情報が失われたと言われています。


 さて、犬や猫はどうかと言いますと、ビタミンCを体内で合成できます。
 その為に獣医さんの中には、「ビタミンCを与える必要がない!」と断言されている方もいらっしゃいます。
 私も十数年前、お客様が自分の愛犬にビタミンCを与えていると獣医さんに話されたようで、「そんなものは必要ない! ビタミンCを与えると結石になるぞ」と怒られたそうで、尚かつ「そんなものを売っている男を連れてこい! 私が論破してやる」とまで言われたそうです。
 まだナチュラルフードもサプリメントも普及していなかった時代ですから、このような誤解もあったのでしょうね。

 それではなぜ、犬や猫は体内合成できるのに、ビタミンCをあえて与える必要性があるのでしょうか? 


 たくさんの力を持っているビタミンCですから、現代に生きるヒトもペットもビタミンCの消費量が激しくなっているのです。
そして、動物が体内で作るビタミンCの量は、非常に少量だということも事実です。
 

Q「ビタミンCの過剰摂取の問題はありますか?」
A「水溶性ビタミンであるビタミンCは、尿として体外に排出されやすいビタミンです。ですから、多く摂取しても基本的には問題はありませんが、もし下痢や軟便になった場合には、その量が本人のビタミンC許容量だと分かります。減らしてみてください。すぐに落ち着くはずです。ビタミンCは食中・食後の摂取が望ましいです。」

(現代予防医学講座参照)                      

ブドウ糖と日光でビタミンCをつくる(猫・小中型犬向き) CRアスコルベイト 【旧SGJプロダクツ】 アスコルベイト+Mサイズ(120g)(犬・猫用)【サプリメント】【ビタミン】【sgj】「旧ソリッドゴールド」

ティーカップ ワイド TC-01 ZEROJAPAN ゼロジャパン 美濃焼 日本製

【重要】「NBA TOPICS」の活動終了についてのお知らせ

2021/2/19

「NBA TOPICS」を訪問して頂いている皆様に、今回は重要なお知らせがあります。 タイトルにも記載されていますように、この度「NBA TOPICS」はいくつかの個人的な理由によって、以前のような継続が困難であると判断し、記事の更新をはじめとした全ての活動を終了させていただくことになりました。突然のお知らせとなってしまったことを、深くお詫び申し上げます。 また、サイト自体はしばらく残す予定ですが、事前のお知らせが無いまま閉鎖する可能性があることをご了承ください。 もしお時間があれば、最後の余談も目を通し ...

ReadMore

トピックス

バックスの4連敗に、ヤニス・アデトクンボは「コートの上で簡単なことは何もない」

2021/2/18

過去2年間のレギュラーシーズンで成功を収めてきたミルウォーキー・バックスですが、今季は全てが上手くいっているわけではありません。彼らは2月16日(日本時間17日)のトロント・ラプターズ戦に敗れたことで4連敗を喫し、現時点で16勝12敗でイースタン・カンファレンス3位につけています。 しかし、2年連続シーズンMVPであるバックスのヤニス・アデトクンボは、チームの現状が深刻なものであるとは考えていないようです。『ESPN』のエリック・ウッドヤード記者によれば、26歳の絶対的エースはNBAで勝利することがどれだ ...

ReadMore

トピックス

ルディ・ゴベアをあてがわれたベン・シモンズ「軽蔑されていると思った」

2021/2/17

フィラデルフィア・76ersのベン・シモンズは、2月15日(日本時間16日)のユタ・ジャズ戦で、自身を守るためにあてがわれたディフェンダーがルディ・ゴベアであったことに不満を抱いています。 『Bucks County Courier Times』のトム・ムーア記者によれば、シモンズは試合後に次のようにコメントしました。 「僕の得点力はここ5~6試合で上がっている。…ルディが僕を守っているのを見た時は嬉しかったね。彼を僕のディフェンスにつけるのは、軽蔑されていると思ったよ」 ゴベアは2018年、2019年に ...

ReadMore

リポート

純正 Cotton and Felt/zippo ライター ZIPPO 純正 Cotton and Felt コットン アンド フェルト(裏面取替説明文付き)122110 綿/zippo ライター

2021/2/16

デトロイト・ピストンズが3月25日のトレード期限までフォワードのブレイク・グリフィンをラインナップから外すことを、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じています。ウォジナロウスキー記者によれば、ピストンズは再建のために若い選手の育成に専念したいと考えており、一方で、31歳のグリフィンは競争力のあるチームで戦うことを望んでいるため、グリフィンの欠場は双方の合意によって決定されたようです。 ピストンズのトロイ・ウィーバーGM(ゼネラルマネージャー)は、今回の決定について次のように声明を述べま ...

ReadMore

トピックス

ジャズのジョーダン・クラークソンがキャリア最多の40得点、1991年以来の記録も

2021/2/16

ユタ・ジャズのジョーダン・クラークソンが、2月15日(日本時間16日)に行われたフィラデルフィア・76ersとの東西首位対決で爆発力を発揮しました。 この日、クラークソンはベンチから29分21秒に出場し、フィールドゴール20本中13本成功、3ポイントシュート13本中8本成功、フリースロー7本中6本成功でキャリア最多の40得点を記録。『StatMuse』によれば、ベンチ起用の選手が30分未満で40得点以上を記録したのは、1991年のスリーピー・フロイド以来初の偉業となっています。 Jordan Clarks ...

ReadMore

リポート

アンソニー・デイビスが右ふくらはぎの肉離れ、少なくとも2~3週間の離脱

2021/2/16

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスが右ふくらはぎの肉離れにより、少なくとも2~3週間の離脱となることを、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者が報じています。 最近、アキレス腱炎から復帰したばかりのデイビスは、2月14日(日本時間15日)のデンバー・ナゲッツ戦の第2クォーターにニコラ・ヨキッチと接触した際、再びアキレス腱を痛める素振りを見せました。翌日のMRI検査で、幸いにもアキレス腱に関する大きな怪我は見つからなかったものの、デイビスはアキレス腱炎も悪化させたと、ウォジナロウスキ ...

ReadMore

NBAがホーネッツの新人ラメロ・ボールのオールスター参加を”切望”?

2021/2/16

シャーロット・ホーネッツの新人、ラメロ・ボールが将来的なスターとしての期待を高めていくなか、リーグは大舞台の一つで早くも彼にパフォーマンスを披露してもらいたいと考えているようです。 『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は今週、ボールがオールスターに参加することについてNBAが”切望”していると報じました。ただし今回報じられたのはオールスター”ゲーム”ではなく、オールスターウィークエンドの一環として開催される”スキルズチャレンジ”のようです。 今季、ボールはここまで28試合に出場して平均14. ...

ReadMore

キャブズのアンドレ・ドラモンドがトレード期限まで欠場へ、ラプターズは獲得に向けて交渉

2021/2/16

クリーブランド・キャバリアーズがセンターのアンドレ・ドラモンドを今季のトレード期限(3月25日)まで試合に出場させないことを、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者とブライアン・ウィンドホルスト記者が報じています。 今年1月中旬、ジェームズ・ハーデンのトレードの一環で、キャバリアーズは若き有望なセンターであるジャレット・アレンを獲得しました。キャバリアーズのJB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)は、本来のポジションが同じであるドラモンドとアレンを一緒にプレイさせることを試みていましたが、結 ...

ReadMore

トピックス

ぺこ(オクヒラテツコ)イメージモデル!ポニーパレットカラコン!かわいいカラーの魔法をワタシに!ポニーパレット カラコン ワンデー [C] 【店内P最大20倍】ポニーパレット by ティアリーアイズ 1箱10枚(メール便送料無料)カラコン ワンデー 度あり 度なし カラーコンタクト コンタクト 1日使い捨て 1day ぺこ

2021/2/15

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、2月14日(日本時間15日)に行われたデンバー・ナゲッツ戦の第2クォーターに右アキレス腱を負傷し、コートを去ることになりました。 デイビスは前回のメンフィス・グリズリーズ戦で、アキレス腱炎による2試合の離脱から復帰しており、35得点を記録してチームの勝利に貢献していました。試合後のインタビューに応じたデイビスは、試合後半にアキレス腱が気になったと言いましたが、「基本的に心配することはない」と語っていました。 デイビスの退場はレイカーズにとって痛手であり、チ ...

ReadMore

トピックス

ポール・ピアースがルカ・ドンチッチについて「NBAで最もスキルに秀でた選手」

2021/2/15

コメンテーターとして何度も物議を醸す主張をしてきたNBAレジェンドのポール・ピアースが、興味深い主張で再び注目を集めています。 ピアースが今回言及したのは、ダラス・マーベリックスでキャリア3年目を過ごす21歳のルカ・ドンチッチのことでした。『NBA Central』によれば、ピアースはドンチッチについて「おそらくNBAで最もスキルに秀でた選手」とコメントしたのです。 "He’s probably the most skilled player in the NBA."- Paul Pierce on Lu ...

ReadMore

NBAをもっと「観たい」「知りたい」「楽しみたい」、あなたにオススメする『NBA Rakuten』

© 2021 NBA TOPICS